みやび会とは はじめての方へ スケジュール リンク お問い合わせ




あまり知られていない剣術の世界をみなさまに知っていただき、触れていただく機会を提供したいと思います。なにかを求めているけど、探しきれない。興味があるので体験してみたい、という方の剣術との出会いの機会にもなればと思います。

また、携帯電話、パソコンなど頭を使う生活が主流になり観念ばかりが先に立ち、体験を通して物事を実感し理解することが軽んじられがちなこのごろ。まず体を動かして自分の体を感じることがなにより必要とされていると思います。
新陰流剣術を体験することで自分の体を感じ、対話し、次に心と対峙していくことができます。
まず自分を実感することで相手を正しく見ることができ、世界を見ることができるようになっていくのではないでしょうか。

人間関係、社会との関係が複雑になるばかりの現代、昔々の戦国時代では生きるか死ぬかの究極の人間関係の間に剣という道具がありました。相手に応じあう技を体系化したものが新陰流です。
相手に応じ合うことがコミュニケーションといえるなら、新陰流は究極のコミュニケーションの技ともいえるでしょう。いにしえの智慧、叡智こそ現代の私たちに深い示唆や可能性を与えてくれる道かもしれません。

ワークショップでは日常では使わないからだの使い方、日常で使う意識とは違う意識を使いますので、術理の叡智だけでなくここで感じたことを日常に反映させていただけたらと願うとともに、日本の伝統武術、その流儀(技と智慧)を後世に継承したく少しでも多くの方に新陰流の世界に触れていただきたいと思っています。
稽古場でのワークショップも企画していきたいと思いますが、ご要望に応じて出張いたします。(料金などはご相談に応じます)そのほか、演武などもイベント・お祭り・慰問他でさせていただきます。

※ ワークショップは性別問いません


武道の道を深めながら自分をみつめ、自分から逃げることなく対峙しそのうえで相手と向き合っていく過程で意志の力、芯の強さを養っていけるのではと、長年稽古しカウンセリングも行ってきた経験から実感しています。
実際にセラピーにどのように効果があるのか未知数ではありますが(道の力)はなんらかの気付きや変容、成長をもたらす力があると、その可能性を少しでもお役に立てていただければと思います。
楽しい雰囲気で個々人に合わせたサポートができればと思います。

セラピーとしての剣術

・日常と違う場に身を置くことで自分の存在価値をとらえなおす
・日常と違う意識を使うことで自分を客観的に見直す
・体を使うことで自分の体を感じる
・自分の体の中心の線に沿って打ち下ろす稽古により、自分の中心を意識する
・集中力を養う
・目的意識をもち達成感を得る
・言語的コミュニケーンではない技を通して相手と触れ合う
・柔軟な体、心を養う
・積極性を養う

などなど、個人が使えるもの、得るものは限りなく多種多様なものでしょう。

*対象は女性の方にさせていただきます。
  また、いじめ問題に悩む子供たち、不登校の子供たち、DVなどのサポートの場に出向きます。
 (時間、期間、料金などご相談に応じます)

copyrightcopyright